I/Vオペアンプ2基板

2017年04月11日 頒布中
オペアンプを使ったI/V変換+差動合成ES9038DM DAC専用アンプ基板です。

概要

ES9038DM DACは出力電流が大きいので、専用の電流差動合成アンプ基板も製作する事にしました。
1枚でステレオ用2CHで、各CHは独立しています。
基板サイズは、ES9038DM DAC基板と同じ(100mm✕100mm)です。
電源電圧は、+ー12Vから25Vまでです。使用されるオペアンプの電圧範囲内でお使い下さい。
増幅率はI/V変換回路のI/V抵抗値と差動合成回路の抵抗値によりますが、1倍~数倍でお使い下さい。

I/V変換回路には2回路入りオペアンプを、差動合成回路には1回路入りオペアンプを使います。
発振防止回路(Zobelフィルタ)を追加しており、発振防止回路の抵抗とコンデンサは通常は必要ありませんが、発振する時は、10Ωの抵抗と100~1000pFのコンデンサを追加してください(音への影響はあります)。

I/Vオペアンプ2基板


頒布について

・I/Vオペアンプ2基板(Rev1.0)が1,100円 在庫有
※部品セットに関しては、制作マニュアルに記載してあります。
・LT3045セット(LT3045 2個,16.5KΩ抵抗2個,10uFコンデンサ6個) 1セットが1,700円(限定頒布)
 ※LT3045セットは、単品での頒布は出来ません。基板とセットとなります。
送料は、
クロネコDM便は190円
レターパックライトは360円
となります。
注文時に指定が無い場合は、クロネコDM便とさせて頂きます。

希望される方は、私宛(yanaアットマークyanasoft.jp)まで、題名「I/Vオペアンプ2基板頒布希望」でメールをください。
メールには、希望する基板名と枚数、発送方法の指定、送り先(郵便番号、住所、お名前、電話番号)を記入してください。
こちらから返信メールで振込金額と振込先をお知らせします。

製作マニュアル

I/Vオペアンプ2基板(Rev1.0)の制作マニュアル Rev.1.0 IV_OPAMP2_1_0.pdf

回路図

I/Vオペアンプ2基板(Rev1.0)の回路図 IV_OPAMP2_1_0C.pdf
※部品名や値などは、実際とは異なる場合があります。