FN1242A P2Dリクロック基板

2015年03月29日 頒布終了
FN1242A DACチップを使ってI2S信号(PCM)をDSD信号に変換(P2D)して出力する基板です。

概要

この基板は、FN1242A DACチップを使ってI2S信号(PCM)をDSD信号に変換(P2D)して出力します。
I2S信号(PCM、DSD)のSCLK(MCLKと同意)をジッタークリーニングして、そのSCLKのクロックで、他の信号をリクロック(整頓)します。
P2D処理を行わず、I2S信号をジッタークリーニングとリクロックして出力することも出来ます。
その時は、INコネクタから入力されたPCMまたはDSD信号を、ジッタークリーニングとリクロックをして、OUTコネクタから出力します。
SCLKを使わず、BCLKをn逓倍(サンプリング周波数を判断して自動で倍率を決定)してSCLKとして使えますので、ラズベリーパイのI2S出力信号を入力して、SCLK(MCLK)を生成出来ます。
ジッタークリーニングは自動で位相差修正を行います。

FN1242A P2Dリクロック基板


頒布について

・FN1242A P2Dリクロック基板(Rev1.0 主要部品セット込 FN1242Aは付きません、マイコンRev1.2付き)が6,800円
※部品セットに関しては、制作マニュアルに記載してあります。
・FN1242A P2Dリクロック基板マイコン(Rev1.2)が600円

送料は、
クロネコDM便は190円
レターパックライトは360円
となります。
注文時に指定が無い場合は、クロネコDM便とさせて頂きます。

希望される方は、私宛(yanaアットマークyanasoft.jp)まで、題名「FN1242A P2Dリクロック基板頒布希望」でメールをください。
メールには、希望する基板名と枚数、発送方法の指定、送り先(郵便番号、住所、お名前、電話番号)を記入してください。
こちらから返信メールで振込金額と振込先をお知らせします。

製作マニュアル

FN1242A P2Dリクロック基板(Rev1.0)の修正マニュアル Rev.1.0 P2DS_1_0.pdf
FN1242A P2Dリクロック基板(Rev1.0)の制作マニュアル Rev.1.1 P2D_1_1.pdf
FN1242A P2Dリクロック基板(Rev1.0)の制作マニュアル Rev.1.0 P2D_1_0.pdf

回路図

FN1242A P2Dリクロック基板(Rev1.0)の回路図 P2D_1_0C.pdf
※部品名や値などは、実際とは異なる場合があります。

マイコンの書き換えサービス

マイコンRev1.2では、IC4をICS570BからPI6C4511に入替修正に対応しました。
また、ロック処理も見直して少し早くロックするようになりました。

マイコンRev1.3では、環境によってはPCM 48KHzでロック処理を繰り替えす問題に対処しました。
この問題でお困りの方は改版してください。

ファームウェアの入替を希望される場合は、郵便でマイコンだけ(静電気防止のスポンジに挿して)を送って頂ければ書き換えて返送します。
基板名を書いたメモと返送用の切手と封筒も同封してください。
郵便料金は封筒のサイズと重さで違いますので、以下を参考にしてください。
通常の封筒なら第一種郵便物/定形郵便物/50g以内、複数個だと第一種郵便物/定形外郵便物/100g以内でしょう。

郵便料金表

私の送り先が判らない方は、私宛に私信メールをください。